お酒 いびき防止 方法

お酒を飲んだ時のいびき防止の方法について

スポンサーリンク

いびきとは、息が喉を通る時の振動音のことを言います。
この振動音は、仰向けで寝ると舌の付け根が喉の奥に下がります。
そして、その周りの筋肉が緩み、喉の気道が狭くなります。
そして、息をする時に喉の周囲の粘膜が震えて音が出るのです。
いびきをかく原因は、風邪をひいたり、疲れている時、またお酒を飲んだ時はいびきをかくことが多いです。
特に、過剰にお酒を飲んだ時は必ずと言っていいほどいびきをかきます。
その原因は、お酒を飲んだことにより、上気道の鼻粘膜が充血したり、膨張します。
そうすると鼻で呼吸するのが苦しくなり、口呼吸になります。
その他では、下顎が小さい人や首が太くて短い人、そして肥満の人もいびきをかきやすいと言われています。

スポンサーリンク

まず、肥満の人がいびきをかきやすい理由は、首や喉だけでなく舌にも脂肪が溜まっていることがあり、これによって気道を狭くしてしまいいびきをかきます。
また、首が短く太い人も同様で、首の周りの脂肪が多く気道を狭くしてしまいます。
そして、下顎が小さい人は、普通の人に比べて筋肉も小さく、よって寝た時に舌が気道をふさいでしまい、いびきをかきます。
いびき防止の方法としては色々とありますが、まず仰向けで寝ないことが一番重要になります。
できれば横向きで寝るのが理想です。
しかし、最初から横向きに寝ていても寝返りによって仰向けになってしまうことがあります。
なので、本人を横向きに右か左か少し寄って寝かせます。
その後ろに座布団などを入れて壁を作ります。
万が一寝返りをうっても座布団にあたり仰向けにはなりにくいです。
その他のいびき防止の方法としては、枕の高さにあります。
枕が高いと上気道を狭くするのでオススメはできないです。
低めの枕で、寝ている間に形が変形しにくいものが良いと言われています。
そばがらや、硬めの低反発枕でも効果が出ます。

スポンサーリンク