いびき うつぶせでも 理由

うつぶせでもいびきがでる理由

スポンサーリンク

寝ているとき邪魔になるいびき。
悪い場合だとうつぶせでも出ることがあります。
今回はそもそもの出る理由、そしてうつぶせでもでる理由を説明します。
いびきはなぜ出るのか、その理由は多岐にわたります。
最も大きい理由は口呼吸です。
仰向けで寝ていると舌がずり落ちてしまい気道を狭めてしまいます。
その結果呼吸がしにくくなり、呼吸をする際にいびきが出てしまうのです。
最悪の場合、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすこともあります。
横向きに寝ても同様に気道を狭めてしまうことがあります。
これを改善するためにはうつ伏せで寝るのが良いようです。
うつ伏せで寝ると、舌がずり落ちることがなく、気道も狭めないので呼吸がしやすくなります。
その結果改善されることもあります。

スポンサーリンク

本来、解決に有効なはずのうつぶせで寝てもいびきがでてしまう。
その理由は何なのでしょうか。
その一番の原因は肥満にあります。
肥満だと舌にも脂肪が蓄積しているので、気道を狭めてしまいます。
また、疲れがたまっていると、肺が普段よりも多くの酸素を要求し、その結果口呼吸が多くなってしまいます。
また、ストレスがたまっていると自律神経に影響が出てしまい、その結果、気道にも影響が出てしまいます。
そのほかにも高齢であることなど様々な原因によりいびきが出るのです。
ではどうしたら解決できるのか。
一番良いのは一度お医者さんに診てもらうことです。
お医者さんから適切なアドバイスがもらえれば改善します。
ほかにもダイエットで肥満体系ではなくなること、口呼吸を改善することなども有効です。

スポンサーリンク