いびき 歯ぎしり 病院

歯ぎしりやいびきを病院で治療

スポンサーリンク

歯ぎしりやいびきはどの様に治療すればよいでしょうか。
まず、歯ぎしりは、進行すると夜寝ている間だけではなく、昼間も無意識にするようになるそうです。
歯ぎしりを夜中じゅうしていると、口の中が圧迫されて、歯が痛くなり、歯医者に診てもらうことがありそうです。
ただし、歯医者さんは歯が痛い原因を歯ぎしりであることはすぐに判るらしく、対処法として、マウスピースを作ることを薦められます。
マウスピースによって、食いしばってもシリコンが柔らかく受け止め、歯の痛さを緩和させることが出来ます。
いびきは、病院に行くことは大げさかと思われがちですが、通院した方が良い場合もあり得ます。
いびきをかいているということは、いびきの合間が無呼吸になっていることもあり得るためです。

スポンサーリンク

いわゆる無呼吸症候群であり、この場合は診察を受け、病院で治療または対策を施す必要が出てきます。
また、軽度のいびきの場合は、ストレス、飲酒による眠りの浅さ、枕があっていないなどの原因がある場合があります。
ストレスを除くのは、現代人としてはなかなか難しい面はありますが、飲酒に関しては、飲みすぎない、就寝直前に飲まない、といった方法で、解決できるかもしれません。
ただ、ストレスがあるから飲酒をするという方には、考え方を変えて頂くというこれも簡単にいかない面もあります。
枕の件に関しては、一番は高さがあっていないということがありそうです。
これは寝具店で簡単でもご自身に最適な高さの枕を選んでもらうなどの方法で解決できそうです。

スポンサーリンク