いびき 鼻の奥 痛い

いびきのし過ぎで鼻の奥が痛い

スポンサーリンク

いびきのし過ぎで、朝起きると鼻の奥が痛い。
そういった経験をした事がある方は決して少なくない筈です。
日々の疲労が蓄積し、睡眠中に口呼吸で大きないびきをしてしまった事が原因だと思います。
勿論、肥満であったり、ストレスであったり、可能性としては他にも沢山ありますが、鼻の奥が痛いと思う程の状態となると、流石に治療を考えたくなるでしょう。
そもそも、いびきの原因は咽頭への負荷が過剰な所為で起こります。
眠っている際の態勢や口呼吸で大きく息を吸い込み続けた結果、睡眠中に咽頭が狭まり、粘膜同士が接触して大きな振動を生み出しているのです。
これを改善する為には、先ず呼吸法と就寝時の態勢について改め、可能な限り咽頭への負荷を軽減する方法を模索してみて下さい。

スポンサーリンク

口呼吸を改善する以上、選択の余地は鼻呼吸以外に残されていません。
本来、鼻呼吸で眠るのが普通なのですが、口呼吸で慣れてしまっている方は鼻呼吸で眠る事が出来ていないのです。
では、睡眠中に鼻呼吸で眠るにはどうすればいいのか。
これは然程難しい事はなく、就寝直前まで鼻で呼吸する事を意識的に行うだけです。
最初は鼻呼吸を意識していてもなかなか口呼吸が改善されませんが、慣れてくるとその内無意識で鼻呼吸で眠れるようになってきます。
最初の違和感だけは頑張って乗り切って下さい。
それだけでいびきが改善する筈です。
また、肥満などが原因と考えられる人は、同時にダイエットも念頭に入れて鼻呼吸で眠る方法を実践してみて下さい。
例え直ぐに結果が出なくても、続ける事で確実に改善されて行く筈です。

スポンサーリンク