いびき 歯ぎしり 治したい

いびきや歯ぎしりを治したい

スポンサーリンク

いびきや歯ぎしりの原因はなかなか複雑な物で、特に歯ぎしりに関しては医学的にも生物学的にも原因がハッキリとしておらず、治したいと思っても簡単に治せる物ではないようです。
いびきの場合、多くの場合は原因が口呼吸や肥満にあると言われています。
これらを解消する事で咽頭への負荷を軽減し、治療できる可能性があります。
ですが、前述した通り、問題は歯ぎしり。
これは治したいと思ってもなかなか治るものではないようです。
判然とはしていませんが、歯軋りの原因で最も多く、また可能性が高いと思われているのはストレス。
この日常のストレスを睡眠中に解消しようとして行われているのが歯軋りなのではないかと言われています。
次に多いのが、胃液の逆流。
睡眠中に食道の弁が弱って胃液が逆流してしまい、炎症が起こるという症状があるのですが、それを解消しようと行われている可能性もあるのだそうです。

スポンサーリンク

ストレスに関しては、何か別の形で解消さえしてしまえば、完治に漕ぎ着けるかも知れませんが、胃液の逆流に関してはそうも行きません。
そもそも、胃液の逆流が起こる原因は、食道の弁が胃酸で爛れて弱ったりしてしまう為。
これは、日頃の不摂生や食生活に起因して起こる物で、ストレスも関係して悪化させている可能性もあります。
胃液の逆流を防ぐ為には、特に寝る直前での飲食を控えたり、消化に良い物や消化を助ける食材を摂って、場合によってはプチ断食などを行ってしっかりと胃を休める事です。
胃は臓器の中でも粘膜で覆われていて、回復が早い部位です。
ですから、しっかりと休める事を念頭に数日頑張るだけで、改善されて行く場合が多いです。

スポンサーリンク