いびき 横向き 直らない

いびきは仰向けで寝ると直らないため、横向きで寝るようにします

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まる病気で、SASとも呼ばれています。
男性に多く国内の潜在的な患者数は200万人または300万人と言われています。
1時間に5回以上、10秒以上無呼吸に陥るとこの病気が疑われます。
無呼吸により、血液中の酸素濃度の低下や血圧の上昇を招くことになります。
症状としていびきや寝汗をかく・熟睡感がない・日中眠気を感じることなどがあげられます。
いびきは無呼吸から呼吸の過程において大きくなるのが特徴です。
首周りの脂肪の沈着・顎が小さい・鼻が低いことが原因とされています。
睡眠時無呼吸症候群の治療方法としては、CPAP療法やマウスピースによる治療があります。
前者は中程度以上、後者は軽度の場合に行われます。

スポンサーリンク

CPAPは、気道を広げ喉の塞がりを防ぐことが目的で、自宅にいる時だけでなく旅行や出張する際も必要とされますが、継続することで効果が得られます。
マウスピースは上気道を広く保つことを目的に、睡眠中に装着をします。
重度の場合マウスピース治療だけでは直らないため、CPAP療法または手術が実施されます。
自宅でできる睡眠時無呼吸症候群対策として、横向きで寝ることによりいびきを抑えることが可能です。
横向き姿勢であれば舌の付け根が上気道に落ち込みにくいことから、無呼吸が少なくなります。
肥満を放置していると直らないため、減量に取り組むことも大事です。
適正体重に戻すことを目安にし、適度な運動と栄養バランスのとれた食事を摂るようにします。

スポンサーリンク