いびき 枕なし 対策

枕なしでいびき対策をする

スポンサーリンク

人生の3分の1は眠っているのに、睡眠に関してあまり深く考えたことがない人も多いかもしれません。
枕を使って寝るのは当たり前だと思われていますが、質の良い睡眠のためには枕に注目することが大切です。
高さが高い枕は、首を圧迫するので首の周りの血行を悪くしてしまいます。
そのため、肩こりや頭痛、腰痛、不眠、いびき、無呼吸症候群、うつ病など様々な症状が引き起こされると言われています。
そこで、いっそ枕なしで眠ったらどうかという実験をしてみたら、枕なしの方が熟睡できて目覚めも良いという結果が出ました。
枕なしだと頚椎がまっすぐになり血流が良くなるので、肩こりや頭痛といった症状から解放され、鼻孔が上に向くので呼吸が楽になります。

スポンサーリンク

いびき対策として、この枕なしの方法はとても有効です。
いびきは、口・鼻・のどにかけて空気が通る部分の気道が、何らかの原因によって狭くなるとかきやすくなります。
枕をなくすことによって、頭と地面とが平行になり、気道が確保されいびきが抑制されます。
睡眠時に枕をなくす対策は、血行が良くなるので育毛にも効果があります。
そして、女性にとって嬉しいのは、体のゆがみがなくなり美容や健康にも良いとされ、首のシワ予防にも効果的です。
枕が絶対に悪いとは言えませんが、自分に合ってない枕を使って体調不良をおこすぐらいなら、いっそ枕をなくしたほうが質の良い睡眠が確保されます。
体調が悪く、特にいびきに悩んでいる人は一度枕をなくして寝てみるも良いかもしれません。

スポンサーリンク